「PSOFT Pencil+ 4 Line for Blender」4.1.0 リリースのお知らせ

手描きのような線を3Dオブジェクトに高品質かつ高速に描画するための Blender 用アドオンPSOFT Pencil+ 4 Line for Blender」バージョン 4.1.0 をリリースしました。

今回のアップデートでは、macOS対応を含む機能追加と、いくつかの不具合の修正を行いました。
※「Pencil+ 4 Render App」を 4.1.0 にアップデートしてください。

前バージョンからの変更点

【機能追加】

  • macOS 対応
  • ライン ノードエディターにブラシプレビューとストロークプレビュー表示を追加
  • [ブラシ詳細設定]ノードにブラシプリセットとストロークプリセット機能を追加
  • [テクスチャマップ]ノードに[回転]設定を追加
  • [テクスチャマップ]ノードの[ラップモード]に[クリップ]を追加

【修正点】

  • ビューポート ライン プレビューの精度改善と不具合の修正
  • 一部のパラメーターに対して[属性オーバーライド]を設定したときに発生する不具合を修正
  • 軽微な不具合修正

対応ソフトウェア

  • Windows 10 / 11(CPU : x64 ベースプロセッサ)
  • macOS 13.0 以上(CPU : Apple Silicon または Intel)
  • Blender 3.0 / 3.1 / 3.2 / 3.3 / 3.4 / 3.5 / 3.6 / 4.0 / 4.1
    (※アルファ版・ベータ版はサポート対象外です)
  • 必須のソフトウェア:Pencil+ 4 Render App(4.1.0 以降)

アップデート方法

アドオンは GitHub に公開されています。GitHub の URL 及び、インストール方法は下記のマニュアルをご覧ください。

「Pencil+ 4 Render App」を 4.1.0 にアップデートしてください。
「Pencil+ 4 Render App」は PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」からダウンロードできます。

無償体験版

このアドオンを使用してラインを描画するには、「Pencil+ 4 Render App」が必要です。まずは「Pencil+ 4 Render App」体験版をインストールし、「Pencil+ 4 Line for Blender」アドオンをお試しください。「Pencil+ 4 Render App」体験版は、以下のダウンロードページで入手できます。

※ 以前体験版をお試しいただいた方も、再度体験版をご利用いただけます。再インストールして、ぜひお試しください。