新製品 After Effects 用 プラグイン 『 PSOFT Pencil+ 4 Line 』を発売

株式会社ピー・ソフトハウス (本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:畠山慶輝) は、After Effects 内で Pencil+ 4 ラインの編集を可能にするエフェクトプラグイン「 PSOFT Pencil+ 4 Line for After Effects」を 2018 年 5 月 28 日から発売します。

Pencil+ 4 Line for After Effects とは

PSOFT Pencil+ペンシルプラス 4 Line for After Effectsは、Pencil+ 4※1から出力したライン情報をAfter Effects内で編集可能にするエフェクトプラグインです。

これまでの作業工程では、ラインの設定を変える度に 3D ソフトで再レンダリングが必要でしたが、Pencil+ 4 Line for After Effects を使用することでAfter Effectsでラインを直接編集することが可能となり、3Dソフト上でのレンダリング作業を最小限に抑えることができます。

また、3Dソフト上では調整に手間の掛かるパラメータのアニメーションや、カットごとに色やラインの太さを変えることも容易となるため、コンポジット工程においてより品質の高い絵作りが可能となります。

※1多数のアニメ作品に採用実績のある3Dソフト向け ノンフォト リアリスティック レンダリング プラグイン「PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max」。

主な特長

  • 3D ソフト向けの Pencil+ 4 ラインと同様のパラメータを使用してラインを編集することができます。
  • 全てのラインセット、または任意のラインセットを編集することができます。
  • 3D ソフトで設定したラインを微調整する Offset モードと、After Effects 内で新規にラインの再設定を行う Replace モードを搭載しています。
  • Screen Effect を使用することで、カメラスクリーンでラインの太さや不透明度を直感的に編集できます。
  • Rendering Scale を使用することで、画像を劣化させることなくラインを拡大縮小することができます。
  • Map Layer を使用することで 3D ソフトではできなかった表現が可能になります。
  • Z Depth を使用することでラインの深度を描画できます。
  • 3D レイヤーを Refer Object として使用する事ができます。

動作環境

対応ソフトウェア
Windows版 Adobe After Effects CS6 / CC 〜 CC 2018

ハードウェア
Adobe After Effects 各バージョンの動作環境に準拠 

補足
Pencil+ 4 Line for After Effectcs を使用するためには PLD ファイルが必要です。
PLD ファイルは Pencil+ 4 for 3ds Max Ver.4.1 以上から出力できます。

製品価格

スタンドアロン ライセンス (税込/円)
ダウンロード版 22,680
パッケージ版 26,568
ネットワーク ライセンス (税込/円)
パッケージ版 36,720

詳細は PSOFT ストアをご覧ください。
https://www.psoft.co.jp/jp/store/

体験版について

https://www.psoft.co.jp/jp/download/pencil-line-ae/

関連リンク

PSOFT ウェブサイト
https://www.psoft.co.jp/jp/

関連資料

製品概要「PSOFT Pencil+ 4 Line for After Effects」
https://www.psoft.co.jp/jp/product/pencil/ae/

お問い合わせ

株式会社ピー・ソフトハウス https://www.psoft.co.jp/

製品についてのお問い合わせは下記専用フォームからお願いします。
お問い合わせ窓口 https://www.psoft.co.jp/jp/contact/