New
workflow.

Fun line adjustments.
Faster.

PSOFT® Pencil+® 4 Line for After Effects® は、Pencil+ 4※1から出力した PLD ファイルを使用して After Effects 内で Pencil+ 4 ラインの編集を可能にするエフェクトプラグインです。

3D ソフト向けの Pencil+ 4 ラインと全く同じ品質、同じパラメータを使用してラインを編集することができます。高速なレンダリングエンジンに生まれ変わった Pencil+ 4 ライン だからこそ実現したエフェクトです。

※1 2018年10月1日時点、Pencil+ 4 for 3ds MaxとPencil+ 4 for MayaがPLD出力に対応しています。

新しいワークフローの提案

これまでの作業工程では、ラインの太さや色を変更したい場合は 3D ソフトで設定を変更して再レンダリングする必要がありました。Pencil+ 4 Line for After Effects を使用することで After Effects でラインを直接編集することが可能になります。これにより 3D ソフト上でのレンダリング作業を最小限に抑えることができます。

また、3D ソフト上では調整に手間の掛かるパラメータのアニメーションや、カットごとに色やラインの太さを変えることが容易になります。コンポジット工程でラインの微調整ができることで、より品質の高い絵作りができるようになります。

特長

Pencil+ 4 ラインの機能に加え、表現力を高める After Effects 版専用の機能を搭載しています。

  • 3D ソフト向けの Pencil+ 4 ラインと同様のパラメータを使用してラインを編集することができます。
  • 全てのラインセット、または任意のラインセットを編集することができます。
  • 3D ソフトで設定したラインを微調整する Offset モードと、After Effects 内で新規にラインの再設定を行う Replace モードを搭載しています。
  • Screen Effect を使用することで、カメラスクリーンでラインの太さや不透明度を直感的に編集できます。
  • Rendering Scale を使用することで、画像を劣化させることなくラインを拡大縮小することができます。
  • Map Layer を使用することで 3D ソフトではできなかった表現が可能になります。
  • Z Depth を使用することでラインの深度を描画できます。
  • 3D レイヤーを Refer Object として使用する事ができます。

基本機能

Screen Effect

Rendering Scale

Map Layer

Z Depth

Distortion Map

Refer Object(3ds Maxから読み込む)

Refer Object(Mayaから読み込む)


ワークフロー

Pencil+ 4 から出力した PLD ファイルを Pencil+ 4 Line for After Effects に読み込んでラインを編集します。PLD ファイルは Pencil+ 4 Line 専用のファイルフォーマットです。Windows エクスプローラーのサムネイル表示に対応しています。

3ds MaxからAfter Effectsへ読み込み

MayaからAfter Effectsへ読み込み

主な機能一覧

※Pencil+ 4各製品はホストアプリケーションにより機能実装が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

  • ラインセットの表示 / 非表示、編集するラインセットの指定機能
  • エッジの表示 / 非表示、編集するエッジの指定機能
  • Rendering Scale
  • Z Depth
  • Brush Color 
  • Color Map Layer 
  • Brush Settings 
  • Size Map Layer 
  • Brush Editor 
  • Stroke
  • Distortion 
  • Stroke Reduction Setttings
  • Color Range 
  • Size/Alpha Reduction 
  • Screen Effect

はAfter Effects 固有の新機能

動作環境

対応ソフトウェア:

Windows 版 Adobe After Effects CS6 / CC~CC2021

ハードウェア:

Adobe After Effects 各バージョンの動作環境に準拠

補足:

ライセンス:

スタンドアロンライセンス と ネットワークライセンス があります。 ライセンスの種類については こちらをご確認ください。
リリースノート