PSOFT Pencil+ 4 の特長

PSOFT Pencil+ペンシルプラス 4 for Maya は、セル画のような表現を実現するノンフォト リアリスティック レンダリング プラグインです。

日本のアニメーションやイラストレーションに見られる独自のアートスタイルを3Dで再現する高度な表現ができます。単純な面と線で構成されるノンフォトリアル表現は、要点を単純化して伝えたい解説図製作にも有効な表現手段となります。

プロダクトデザインやグラフィックデザインのヴィジュアライゼーションツール、モーショングラフィックやアニメーション用途にも最適です。

表現力豊かなマテリアル。

セル画のようにフラットな表現を可能とします。 細かなシェーディングのコントロールによって、思い通りの質感を生み出せます。

トゥーンシェーディング

容易にセル画調の質感を設定することができます。

ハイライト

ハイライトが形状に沿って回り込むような効果や、形状に沿って三日月状に伸縮する表現ができます。

ライン関連機能

マテリアルごとにラインの描画に関する設定ができます。

グラデーションオフセット

マップを使用してグラデーションを制御できます。特定の位置に暗い色が現れやすくなるように設定することができます。

高速で美しいライン描画。

機械的に均一な線やオブジェクトからはみ出したラフスケッチのような線、漫画のように「入り」「抜き」の抑揚のある線など表現力豊かなラインを表現できます。

可視線

簡単な設定でラインを描画することができます。

隠線

透視図のようにオブジェクトの後ろ側にあるエッジを描画をできます。

ブラシ詳細設定

「入り」「抜き」のようなラインの太さの設定や、破線や波線など手描きのようなラインを表現できます。

ブラシ設定のインスタンスコピー

ブラシの設定をインスタンスコピーできます。

減衰設定

ラインの太さや透明度をカメラからの距離で変化させることができます。指定したオブジェクトからの距離で変化させる事も可能です。

レンダー ビュー ツールバー

レンダービューにはPencil+ 4 ラインをより便利に使用するために独自のレンダーボタンを搭載しています。

マルチスレッド レンダリング

Pencil+ 4 ラインはマルチスレッド、マルチプラットフォーム 対応のレンダリングエンジンに刷新されました。数千個のオブジェクトが重なり合う複雑なシーンでも、高速にラインを描画できます。

ラインをビューポートに表示

Pencil+ 4 ラインをビューポートに表示できます。ラインを確認しながらモデリングすることも可能です。

リファレンス機能

ラインの設定をリファレンス機能から参照できます。

選択エッジ

選択したポリゴンやエッジにラインを描画できます。

オープンエッジ

ポリゴンが開いたエッジに対してラインの描画を設定できます。

グループを結合

複数のオブジェクトをグループ化することで、1オブジェクトとして描画します。

自己交差

オブジェクト自身の交差した箇所のラインの描画を設定できます。

サイズ減衰設定のインスタンス設定

減衰設定はインスタンスとしてコピー可能です。

オブジェクトの交差でラインを描画

複雑なメカニカルなデザインで、パネルラインを表現する場合など、オブジェクトの形状でラインを描画することができます。テクスチャのように解像度に依存しないため、常に綺麗なパネルラインを描くことができます。

カーブのレンダリング

NURBSカーブやベジェカーブをアウトラインとして描画できます。カーブを使用して 3Dモデルに線を追加することが容易になります。

強力なレンダーエレメント・ファイル出力機能。

コンポジット向けにラインを個別にファイル出力することが出来ます。ラインをEPS形式やPLD形式で出力することも可能です。

ラインのレンダーエレメント出力

Pencil+ 4 ラインをレンダーエレメントファイル出力できます。ラインセットやエッジの種類を任意に組み合わせて出力することができます。

ラインのZ深度出力

ラインのZ深度を出力する事ができます。コンポジットソフトを使用して後処理で被写界深度を追加する場合などに活用できます。

ラインのベクターイメージ出力

Pencil+ 4 ラインをEPSファイル出力できます。解像度に依存しないベクター画像は、建築・製造・プロダクトデザイン分野やWEBコンテンツ・インタラクティブなアプリケーションインタフェイスなど、ビジュアライゼーション用途にお勧めです。
サンプルファイル

PLDファイル出力

Pencil+ 4 ライン情報を持つPLDファイルを出力できます。PLDファイルは、After Effects 上でラインの再編集を可能にするためのファイルフォーマットです。別売のPencil+ 4 Line for After Effectsが必要です。
Pencil+ 4 Line for After Effects

ユーティリティー

Pencil+ 4 を便利に使用するためのユーティリティ プラグインを配布しています。

PSOFT Pencil+ 4 Bridge
for Maya 提供予定

Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Mayaにより、Pencil+ 4マテリアルとPencil+ 4ラインの設定をファイルに書き出し、読み込むことができます。シーンファイルとは別のファイルとして管理できるため、他のシーンへ容易に適用することができます。また、3ds MaxとMaya間でPencil+ 4の設定を相互に活用できるので、利便性が大きく向上します。
※Pencil+ 4 Line for Unity 4.0.2以降ではライン設定の受け渡しができるようになりました。
ダウンロードページ

主な機能一覧

※Pencil+ 4各製品はホストアプリケーションにより機能実装が異なります。
詳しくはこちらをご確認ください。

マテリアル

  • トゥーンレンダリング機能
  • ラインの描画検出設定機能
  • ラインカラーの置き換え機能

ライン

  • 可視線の描画機能
  • 隠線の描画機能
  • 高度なライン設定
  • 詳細なブラシ設定
  • 距離による減衰機能
  • ライン サイズ マップ機能
  • エッジ検出設定
    • アウトライン
    • オープンエッジ
    • オブジェクト
    • 交差
    • スムージング境界
    • マテリアルID境界
    • 選択エッジ
    • 法線角度
    • ワイヤ
  • リファレンス機能に対応
  • ラインのビューポート表示
  • Pencil+ 4 Line ウィンドウ
  • Pencil+ 4 ライン レンダーボタン
    (レンダービュー内)

ファイル出力

  • ラインのレンダーエレメント出力機能
  • ラインのZ深度出力機能New
  • ラインのEPS形式出力機能
  • PLDファイル出力機能

動作環境

対応ソフトウェア: Windows版
Autodesk Maya 2018 / 2019 / 2020 / 2022
※Maya ソフトウェア レンダラで動作
ハードウェア: Autodesk Maya 各バージョンの動作環境に準拠
ライセンス: スタンドアロンライセンス と ネットワークライセンス があります。
ライセンスの種類についてはこちらをご確認ください。
リリースノート

体験版 購入

PSOFT Pencil+ ケーススタディ
Gallery