Pencil+ 4 Bridgeの使用方法(3ds MaxからMayaへ読み込む)

Pencil+ 4 Bridge for Maya および Pencil+ 4 Bridge for 3dsMax を使用して、3ds Max から書き出した Pencil+ 4 の設定を Maya で読み込む方法を解説します。

Mayaから3ds Maxへ読み込む方法はこちらのチュートリアルをご覧ください。

1. シーンの書き出し

Mayaへ読み込むシーンをFBX形式で書き出します。

1-1. 3ds Maxを起動し、Pencil+ 4 を使用したシーンを開きます。

1-2. 「メニューバー / ファイル / 書き出し / 書き出し」をクリックしてください。「書き出しファイルを選択」ウィンドウが開きます。

ファイルの種類を[Autodesk(*.FBX)]を選択してファイル名を入力します。[保存]をクリックすると FBX エクスポートウィンドウが開きます。
必要に応じて FBX エクスポートウィンドウのオプション設定してください。[OK]をクリックして書き出します。

2. Pencil+ 4設定の書き出し

Pencil+ 4 の設定をPencil+ 4 Bridge for 3ds Max で書き出します。

2-1. 「メニューバー / Pencil+ 4 / ブリッジ / 書き出し」をクリックしてください。

「Pencil+ 4 ブリッジ 書き出し」ウィンドウが開きます。
ファイル名を入力し保存をクリックして書き出してください。
ファイルはJSON形式で書き出されます。

3. シーンを読み込み

3ds Maxから書き出したFBXファイルをMayaに読み込みます。

3-1. Mayaを起動します。
「メニューバー / ファイル / 読み込み」をクリックしてください。

「読み込み」ウィンドウが開きます。3ds Max から書き出したFBXファイルを選択してから右側のオプションの「ファイル タイプ特有のオプション / 含める / ジオメトリ」から[法線のロックを解除]と[頂点単位の法線を結合]を必ず選択してください。他のFBX インポートの詳細設定は必要に応じて行ってください。
[読み込み]をクリックしてFBXファイルを読み込みます。

4. Pencil+4設定の読み込み

Pencil+ 4 の設定を Pencil+ 4 Bridge for Maya で読み込みます。

4-1.「メニューバー / Pencil+ 4 / ブリッジ / 読み込み」をクリックしてください。

「Pencil+ 4 ブリッジ 読み込み」ウィンドウで Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max から書き出した JSON ファイルを選択して[開く]をクリックすると 「Pencil+ 4 ブリッジ」ウィンドウが開きます。必要なオプションを選択して[読み込み]をクリックしてください。

「Pencil+ 4ブリッジ」ウィンドウ オプション

  • オプション
    - 置換
    読み込んだ設定と同じ名前を持つPencil+ 4 マテリアルまたはPencil+ 4 ラインを置き換えます。
    - 合成
    読み込んだPencil+ 4 マテリアルまたはPencil+ 4 ライン設定を現在のシーンに追加します。
  • 単位変換
    座標系の単位がメートルを示すものなのかセンチメートルを示すものなのかは、プラットフォームの環境設定により異なります。単位変換は、座標系の単位が異なる環境でエクスポートされたファイルをインポートする際に、数値を適切なものへと変換します。数値の変換は減衰設定の開始と終了に適用されます。

    - 自動
    エクスポートされたファイルの情報をもとに、現在の座標系の単位へと数値を自動的に変換します。
    - スケール係数
    入力したスケール率にしたがって数値を変換します。Pencil+ 4 Bridge for 3ds MaxとPencil+ 4 Bridge for Mayaの1.0.0バージョンを使用してエクスポートされたファイルをUnityにインポートする場合など、自動的な変換が機能しない場合などに使用します。
  • Penci+ 4 マテリアル
    「Pencil+ 4 マテリアル」を読み込みます。チェックされていない場合は「Pencil+ 4 マテリアル」を読み込みません。
  • Pencil+ 4 ライン
    「Pencil+ 4 ライン」を読み込みます。チェックされていない場合は「Pencil+ 4 ライン」を読み込みません。
  • 無効の個別ブラシ設定を読み込む
    無効になっているブラシの設定を読み込みます。チェックしない場合は無効になった設定は読み込まれません。
  • 無効の減衰設定を読み込む
    無効になっている減衰設定を読み込みます。チェックしない場合は無効になった設定は読み込まれません。
  • 既存のマテリアルを基本マテリアルに設定
    シーンにある同じ名前のマテリアルを Pencil+ 4 マテリアルの基本マテリアルに設定します。
    置換で読みこんだときに、置き換えられたマテリアルを Pencil+ 4 の基本マテリアルに設定します。

Pencil+ 4 の設定の読み込みが完了しました。
レンダリングすると3ds Maxから出力したPencil+ 4の設定が確認できます。
※ 3ds Max Maya版で互換性のないパラメータは読み込まれません