ラインを反射させる

Pencil+2 ラインを反射させる設定のご紹介です。
  1. 反射させるオブジェクトと、反射するオブジェクトを作成します。
    [作成]パネル/[ジオメトリ]ボタン/[標準プリミティブ]/[オブジェクト タイプ]ロールアウト/[平面]ボタン 。[ティーポット]ボタン
    を使用しオブジェクトを作成します。

  2. Pencil+2 反射/屈折 マップを使用し鏡の質感を作成します。
    [M]キーを押して[マテリアル エディタ]を開きます。 [拡散反射光]を黒色に設定します。 [鏡面反射光]を白色に設定します。

  3. [マップ]ロールアウト/[反射]マップ ボタンを押し、[マップブラウザ]から[Pencil+2 反射/屈折]を選択し[OK]ボタンをクリックします。


  4. [基本設定]ロールアウト/[反射屈折] マップを[フラット ミラー]に変更します。
    [マップブラウザ]から[フラット ミラー]を選択し[OK]ボタンをクリックします。
    これで鏡のこのマテリアルが完成しました。このマテリアルを 平面オブジェクトに設定します。


  5. Pencil+ 2 ラインを設定します。
    [レンダリング]メニュー/[効果]/[環境と効果]ダイアログ ボックス/[効果]パネル/[追加]/[効果を追加]ダイアログ ボックス/[Pencil+ 2 ライン]選択し、[OK]ボタンをクリックします。


  6. ティーポット オブジェクトに対し、ラインを設定します。
    変化がわかりやすいように、ラインの[基本色]を赤色に設定します。[サイズ]を 1.5 に設定します。

  7. レンダリングします。

Tips!

●マップを使用し別々に[Pencil+2 反射/屈折]マップを使用する事で、特定の箇所のライン色を任意に変更する事が出来ます。
● 反射したラインがぼけて感じる場合、[ブラーを適用]を切って使用すると改善されます。



Pencil+ for 3ds Max チュートリアル

Nitrous シェーダーの使用方法

ストロークマップの使用方法

反射/屈折 マップの使用方法

ラインの使用方法

ファイル出力の使用方法

選択エッジの使用方法

法線コピーの使用方法

パース変形の使用方法