MAXScript 対応 (Pencil+ 3)

Pencil+ 3では MAXScriptへの対応が強化されました。
MAXScriptの仕様については [MAXScript リファレンス] をご覧ください。

Pencil+ 3 ライン / メソッド

    setLineset
    ラインにラインセットを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(Pencil+ 3 ラインセットの配列)


    getLinesetNum
    ラインに設定されているラインセットの数を取得します。

    戻り値:Integer (ラインセット数)
    引数:なし


    getLineset
    ラインに設定されているラインセットを取得します。

    戻り値:Pencil+ 3 ラインセット オブジェクト
    引数:取得するラインセットの0から始まるインデックス(何番目のラインセットを取得するか)


    createLineset
    ラインセットを新規に生成します。
    生成されたラインセットは、自動では設定されません。
    ラインセットをラインに設定するには、setLinesetメソッドを使用します。

    戻り値:Pencil+ 3 ラインセット オブジェクト
    引数:なし 

    solveDuplicatedMtlByNameNew!
    [マテリアル リスト更新 ボタン] と同様の処理を実行します。
    ラインセット中のマテリアルがシーンのオブジェクトに割り当てられていない場合、
    そのマテリアルと同名のマテリアルがシーンに存在するならば置換を行います。

    戻り値:置換されたマテリアルの個数
    引数:なし 

    removeUnusedMtl New!
    ラインセット中のマテリアルがシーンのオブジェクトに割り当てられていない場合、
    マテリアルリストから除外します。

    戻り値:除外されたマテリアルの個数
    引数:なし 

Pencil+ 3 ラインセット / プロパティ

    objects
    設定されているオブジェクトのArrayです。
    Version 3.02から、Arrayの要素数の変更が可能になりました。


    mtls
    設定されているマテリアルのArrayです。
    Version 3.02から、Arrayの要素数の変更が可能になりました。

    [Pencil+ 3 ラインセット / 各ブラシ設定へのアクセス]

    - brush
    - brushOutline
    - brushObject
    - brushIntersection
    - brushSmoothingGroup
    - brushMaterialID
    - brushNormalAngle
    - brush_Hidden
    - brushOutline_Hidden
    - brushObject_Hidden
    - brushIntersection_Hidden
    - brushSmoothingGroup_Hidden
    - brushMaterialID_Hidden
    - brushNormalAngle_Hidden

Pencil+ 3 マテリアル / メソッド

    setZone
    マテリアルにゾーンを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(ゾーンの配列)


    getZoneNum

    マテリアルに設定されているゾーンの数を取得します。

    戻り値:Integer (ゾーン数)
    引数:なし


    getZone

    マテリアルに設定されているゾーンを取得します。

    戻り値:ゾーン オブジェクト
    引数:取得するゾーンの0から始まるインデックス(何番目のゾーンを取得するか)


    createZone

    ゾーン オブジェクトを新規に生成します。
    生成されたゾーン オブジェクトは、自動では設定されません。
    ゾーン オブジェクトをマテリアルに設定するには、setZoneメソッドを使用します。

    戻り値:ゾーン オブジェクト
    引数:なし

Pencil+ 3 マテリアル / ライン関連機能 / メソッド

    setObjectsForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」にオブジェクトを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(オブジェクトの配列)


    getObjectsNumForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」に設定されているオブジェクトの数を取得します。

    戻り値:Integer (オブジェクト数)
    引数:なし


    getObjectForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」に設定されているオブジェクトを取得します。

    戻り値:オブジェクト
    引数:取得するオブジェクトのインデックス(何番目のオブジェクトを取得するか)


    setMtlsForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」にマテリアルを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(マテリアルの配列)


    getMtlsNumForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」に設定されているマテリアルの数を取得します。

    戻り値:Integer (マテリアル数)
    引数:なし


    getMtlForVisibleLines
    「対象の隠線を可視線として描画」に設定されているマテリアルを取得します。

    戻り値:マテリアル
    引数:取得するマテリアルのインデックス(何番目のマテリアルを取得するか)


    setObjectsForMaskHiddenLines
    「対象の隠線を遮へいする」にオブジェクトを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(オブジェクトの配列)


    getObjectsNumForMaskHiddenLines
    「対象の隠線を遮へいする」に設定されているオブジェクトの数を取得します。

    戻り値:Integer (オブジェクト数)
    引数:なし


    getObjectForMaskHiddenLines
    「対象の隠線を遮へいする」に設定されているオブジェクトを取得します。

    戻り値:オブジェクト
    引数:取得するオブジェクトのインデックス(何番目のオブジェクトを取得するか)


    setMtlsForMaskHiddenLines
    「対象の隠線を遮へいする」にマテリアルを設定します。

    戻り値:なし
    引数:Array(マテリアルの配列)


    getMtlsNumForMaskHiddenLines

    「対象の隠線を遮へいする」に設定されているマテリアルの数を取得します。

    戻り値:Integer (マテリアル数)
    引数:なし


    getMtlForMaskHiddenLines

    「対象の隠線を遮へいする」に設定されているマテリアルを取得します。

    戻り値:マテリアル
    引数:取得するマテリアルのインデックス(何番目のマテリアルを取得するか)

Tips!

サンプルスクリプト

  • シーンのオブジェクトに単一のゾーンを持つPencil+ 3 マテリアルを割り当てます。
    pcl3mtl_0_jp.ms
  • シーン上のPencil+ 3 マテリアルのゾーンをデフォルト設定に戻します。
    pcl3mtl_1_jp.ms
  • Pencil+ 3 ラインを効果に割り当てラインセットを追加します。
    pcl3line_jp.ms
  • Pencil+ 3 ラインのラインセットを複製します。
    pcl3lineset_copy_jp.ms
  • レンダーエレメントにPencil+ 3 マテリアル要素を追加します。
    pcl3mtl_elem_jp.ms
  • レンダーエレメントにPencil+ 3 ライン要素を追加します。
    pcl3line_elem_jp.ms

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル

Nitrous シェーダーの使用方法

ストロークマップの使用方法

反射/屈折 マップの使用方法

ラインの使用方法

ファイル出力の使用方法

選択エッジの使用方法

法線コピーの使用方法

パース変形の使用方法